アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
西澤立衛 - 自作について
Nミュージアム
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2005 東西アスファルト事業協同組合講演会

Nミュージアム

西澤立衛RYUEI NISHIZAWA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
Nミュージアム
Nミュージアム外観
Nミュージアム外観
Nミュージアム内観
Nミュージアム内観

瀬戸内海の直島に建つ美術館のプロジェクトです。この美術館では、展示する作品を入れ替えたりしません。恒久的にある作品を展示する、建物と作品が永遠に合体している特殊な美術館です。

展示作品はふたつあります。普通の美術館だったら別々に展示することになると思うのですが、それを一室で展示することが求められました。作品のひとつは音をテーマにした作品で、もうひとつは色をテーマにした作品です。そこで建築家には光をテーマに空間をつくることが求められました。いろいろ考えた結果、水滴のような角のない大きな空間をつくることを提案しました。 全体としてはワンルームで、角がないために部屋に入った瞬間は形がよく分からない、無限遠のような空間です。そこに入るための先の部分を小さく尖らせているだけで、高さの低いドーム型をしており、その中にふたつの作品が置かれています。

構造家の佐々木睦朗さんとの共働で、断面は厚みが200ミリぐらいの薄いコンクリート板を考えています。天井高は3.5メートルと低く、水平方向に広がっていくような空間です。室内は暗めで、床の形は分かるけどそれ以外は全体としてよく分からないような形になっています。自然の中に建つ一室空間の美術館です。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»