アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
山本理顕 - 「地域社会圏」という考え方
ドラゴン・リリーさんの家
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2009 東西アスファルト事業協同組合講演会

「地域社会圏」という考え方

山本理顕RIKEN YAMAMOTO


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
ドラゴン・リリーさんの家
「ドラゴン・リリーさんの家」を北東側の道路から見る。
「ドラゴン・リリーさんの家」を北東側の道路から見る。

1階平面 縮尺1/200
1階平面 縮尺1/200

ラウンジからダイニングキッチン側を見る。
ラウンジからダイニングキッチン側を見る。

北東側から見る。ダイニングキッチンに面する通り側にはベンチが配置されている。
北東側から見る。ダイニングキッチンに面する通り側にはベンチが配置されている。

戸建て住宅においても、建築が社会と関係を結ぶことは可能だというのが私の意見です。「ドラゴン・リリーさんの家」は街の公共施設のような住宅です。

四方のほとんどがガラス張りになっています。家の中は外からまる見えになっていて、施主の方は薄手のカーテンをかける以外はまる見えのままに住んでいます。生活が外からまる見えになっていることに、何の抵抗も抱かない方です。打ち合わせの時に、ガラス張りの住宅にしましょうかという提案をこちらからした記憶が私にはありません。初めからガラス張りの住宅にすることを前提にして設計をしました。

建物の道路を挟んだ先には私鉄が走っていて、ガラス張りのように見えています。近所の子どもたち以外は、あまり中をのぞき込むような人はいないそうです。台所の風景を見て皆さんは違和感を覚えるでしょうか。私たちは、台所を家の中で一番プライバシーの高いところだと思っています。それを外に開くというのは、とても抵抗があると思います。ところが一度開いてしまった途端に何の抵抗もなく使えてしまうというのはおもしろい。

この住宅は夜になると周辺を明るく照らします。敷地の周辺はなんとなく暗い街だったのですが、それが少しだけ変わったように思います。施主が非常に活動的な方で、周辺に対してオープンに住んでいるので、周辺の人たちともそれまでになかった関係を築くことができたのではないでしょうか。

住宅も地域社会の一部なのだと思います。地域社会は現在はほとんど崩壊しつつありますが、それは住宅のつくり方にも原因があると思います。民間の業者が提供している住宅は、壁と生垣で内部がまったく見えないようにつくっています。そんな住宅でつくられた街並みが地域社会をつくっていけるはずがありません。しかしこのような住宅がひとつできるだけでも、そういった状況は変わっていくのではないかと思います。

ユニット1階平面 縮尺1/300
ユニット1階平面 縮尺1/300
«前のページへ最初のページへ次のページへ»