アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
西沢大良 - 現代の建築
Sビル
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2005 東西アスファルト事業協同組合講演会

現代の建築

西沢大良TAIRA NISHIZAWA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
Sビル
断面図 縮尺1/400
断面図 縮尺1/400

これは言わば、小さな雑居ビルです。敷地は約70坪、外苑西通り沿いにあります。地下二階、地上五階の建物で、地下がレストラン、一階、二階が店舗として賃貸するスペース、三階以上はオーナーが自分のギャラリーとオフィスとゲストルームとして使いたいということで設計しました。

ここでは室内の上半分と下半分で扱いを変えて、風を取り入れたり光を取り入れたりしながら、ドメスティック・ランドスケープ的にうまくできないかということを考え、設計しました。

そこで階高4メートルの店舖の、上側2メートルまでをガラスとし、ここは貸さず、下の2メートルまでのところまで貸す、ということを考えました。こうすると上部のガラス面は、商品や店舗に必要な棚などに遮られないので、必ず屋内から空や街路樹が見えるようになるのです。

ギャラリーは天井高5メートルで、さらにこの上に光をコントロールする三つの層を設けました。オーナーが美術のコレクターの方だったので、完全採光から遮光までできるシステムを考えています。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»