アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
早川 邦彦 - 建築は場に共震する
おわりに
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

建築は場に共震する

早川 邦彦KUNIHIKO HAYAKAWA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
おわりに

スライドは以上です。今日は、最初にお話ししましたように、特に「場」というものについて、私自身が敷地、あるいはその周辺という「場」にどのように対応しているかということを中心にしてお話しをしました。

「場」についてのことでいえば、よくコンテキスチュアリズムという言葉が使われます。しかし、周辺のもっている文脈を読み取り、それを尊重し、それに調和しながら展開していくことがコンテキスチュアリズムであるとするならば、私のいう「場」というのは、コンテキスチュアリズムと同じというわけではありません。建物によっては周辺のコンテキストと全く異質なものが要素として中に入ってくることもあり得ますし、それによって周辺を刺激することも当然起きます。また、あるときは周辺のもっているコンテキストと同化することもあるでしょう。それは、設計者の「場」に対する判断によると思います。

最近は建築があまりにも抽象化に向かい、「場」というものから離れつつあるという傾向もあるように感じられますので、「場と建築」というのは、最も当たり前なことなんですが、今日は特にそこを中心にお話しさせていただきました。

どうも長い時間ご静聴ありがとうございました。(拍手)

«前のページへ最初のページへ次のページへ»