アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
伊東 豊雄 - 近作を語る
チューブがつくりだす空間
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

近作を語る

伊東 豊雄TOYO ITO


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
チューブがつくりだす空間
BIS増築指名設計競技案
BIS増築指名設計競技案

スイスのバーゼルという町で今年の初めに行われたコンペティションのプロジェクトです。BIS(バンク・オブ・インターナショナル・セッツルメント)という巨大な銀行がありまして、その増築のコンペティションが行われました。ジャン・ヌーベルやヘルツォーグなど十人が呼ばれて競いました。われわれの案が通ったのですが、幻のプロジェクトになってしまいました。すぐ近くにマリオ・ボッタがつくった銀行があるんですが、それが売りに出され、それを買うことになったということで、増築の必要がなくなり、無期延期になってしまいました。われわれは、銀行だしスイスだからこれほど堅いコンペティションはないだろうと思って、いくつかのコンペティションを捨ててこれに臨んだのですが、なかなかうまくいかないものです。

BISについては、当初われわれもどういう銀行なのかよくわからずに説明会に行きました。今建っているタワー状のバベルの塔のような建物がその本体で、六○年代につくられた二十階ぐらいの建物です。セキュリティが異常に厳しい銀行で、内部に入っても人っ子ひとりいないんで、これは一体どういう銀行なんだろうと思って説明を聞いていました。日本でいえば日銀のようなところで、日銀の総裁クラスの人が月に一回はやってきてここで金融政策を相談するといった大層な銀行だということがわかりました。

増築は二期に分かれて、全部で約二万平米ぐらいの予定でした。庭になっているところに増築をしていくプロジェクトでした。ほかの建築家の提案は、大体ここに別のもの、あるいは外側に沿って建築をつくるという計画が多かったのですが、われわれは庭をかなり削って水平に延びていく低層の建築を提案しました。

一階の主要な部分が、ディーリング・ルームで、コンピュータがたくさん置かれていて、世界中の相場の情報が絶え間なく入ってくる、銀行の政策を決定するための心臓部のような重要部分が拡張されてくるようにつくっています。いくつかの島ができて、四層分貫くような光のコートができます。同時にそれがストラクチャーにもなっています。その上の階が会議室です。今も大仰な会議室がありますが、もう少しそれを開かれたものにしたいと思ったわけです。それからさらにその上がオフィスです。その上は板を張ったデッキで、そこに食堂、カフェが部分的にきます。チュープ状のスペースをいくつか設けて、それでストラクチャーをつくってポイド・スラブをかけていきます。緑になるチューブもあれば水を貯めたようなチュープもあるといった、平面的にべったりと広がっているそこに変化をもたせようというのがこの提案の趣旨でした。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»