アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
内井 昭蔵 - 「建築と装飾」
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

「建築と装飾」

内井 昭蔵SYOZO UCHII


「建築と装飾」-内井 昭蔵

私自身、装飾とは人間の本性に根ざしたもの、つまり欲望というか、肉体的あるいは精神的な渇望をいやす、最も本質的なものとしてとらえています。装飾というと官能的ということをすぐに連想しますが、官能を超越した無私の法悦を求める心というように考えます。無私の法悦ということは、宗教に関連してきます。この世の人間のみじめさや苦しさから解放されるというか、あるいは救済されるという、灼熱した精神の高揚といったものが考えられます。こういった法悦を求める心とは、言葉を変えていえば、宇宙に同化させたい欲求ということでもあります。こうした渇望をいやす、最も本質的なものが装飾であるわけです。しかし、それはややもすると功利的快楽というものに結びつく危険性があるだけに、これまでの歴史というものは、その否定と復権の歴史ではなかったかと私はとらえております。

人類始まって以来、装飾という火はずっと燃え続けています。現在、私たちの周辺にはいろんな装飾が氾濫しています。そうした状態を見るにつけ、装飾の本質、あるいは装飾の持つ意味を正しくつかまえる、大変にいい機会ではないかと考えております。ポストモダニズムというような現代の流れのなかで、装飾を考えるのに最適の時期であると思います。

Profile
略歴
1933
東京生まれ
1956
早稲田大学第一理工学部建築学科卒業
1958
早稲田大学大学院工学研究科修了
1958-67
菊竹清訓建築設計事務所
1967
内井昭蔵建築設計事務所設立この間東京YMCAデザイン研究所、東京大学工学部建築学科、早稲田大学理工学部建築学科各講師
1972-74
日本建築家協会理事
1980
日本建築家協会副会長
1981
アメリカ建築家協会名誉会員
1986
新日本建築家協会理事
1988
新日本建築家協会副会長・広報委員長
受賞
1957
サンパウロビエンナーレ国際設計競技一位入賞
1971
日本建築学会賞作品賞
1975
日本建築業協会賞
1978
日本サインデザイン協会賞銀賞
1978/dt>
第三回吉田五十八賞
1980/dt>
第二四回レイノルズ賞(AIA)
主要作品

「桜台コートビレジ」「北山本門寺客殿」「清澄寺祖師堂」「銀座対鶴館ビル」「身延山久遠寺宝蔵」「東京YMCA野辺山高原センター」「新発田市民文化会館公民館」「横浜市少年自然の家」「東京YMCA野尻学荘」「向日町教会まこと幼椎園」「世田谷美術館」「熊本県テクノポリスセンター」「高円宮邸」「一宮市博物館」「蕗谷虹児記念館」

«前のページへ最初のページへ次のページへ»