アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
阪田 誠造 - 身体性美学の建築
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

身体性美学の建築

阪田 誠造SEIZO SAKATA


身体性美学の建築-阪田 誠造

言葉で議論していくよりも、何度も現場を見て実測することで、自然と身体の中から発想や感性がでてくる。そういう坂倉建築研究所の仕事のやり方は、共同作業としての建築を強く意識した中から生まれてくる。この研究所をひきいる阪田氏が、今までの仕事を実例から語る。


「新宿ワシントンホテル」は、8年ほど前に完成しておりますが、あれは計画が決まるまで10年近くかかっております。オーナーの夢はそのときどきにいろいろと変わります。そういう変化に粘り強くつき合っていくという覚悟がないと仕事につながってはいきません。時系列の中で揺れ動く気持ちに一緒になっていくという覚悟ですね。そこにも私たちの仕事の役割があるんだと考えて仕事をしてきております。これもまた身体性の美学につながると考えるのです。

Profile
略歴
1928
大阪生まれ
1951
早稲田大学理工学部建築学科卒業
坂倉準三研究所入所
1969
坂倉建築研究所設立 取締役東京事務所長就任
1985
坂倉建築研究所代表取締役就任
東京樹無所長兼務、現在に至る。
受賞
1976
日本建築学会賞・BCS賞(東京都夢の島総合体育館)
1985
第一回公共建築賞(埼玉県加須青年の家)
1986
商環境デザイン大賞・横浜まちなみ景観賞
神奈川県建築コンクール 最優秀賞・BCS賞(横浜人形の家)
1989
村野藤吾賞・吉田五十八賞・日本芸術院賞(東京サレジオ学園)
その他BCS賞受賞多数あり
主な作品

「東京都夢の島総合体育館」「前橋市庁舎」「群馬県立女子大学」「新宿ワシントンホテル」「埼玉県立加須青年の家」「武者小路実篤記念館」「東大和市中央図書館」「世田谷区立健康村なかのビレジ」「横浜人形の家」「東京都立医療技術短期大学」「東京サレジオ学園」「大磯町郷土資料館」「川崎定徳本館・日本信託銀行本店」「横浜市山下公園改築」「世田谷区北沢タウンホール」「日立シビックセンター」

«前のページへ最初のページへ次のページへ»