アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
小嶋一浩 - 越境的思考の可能性
OTA HOUSE MUSEUM
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2004 東西アスファルト事業協同組合講演会

越境的思考の可能性

小嶋一浩KAZUHIRO KOJIMA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
OTA HOUSE MUSEUM
西側ファサード
西側ファサード

群馬県太田市の住宅です。天津のプロジェクトと一見似ているのですが、大きさがぜんぜん違うので実物はまるで違うものになります。個人のミュージアム付きの延床面積約200平方メートルの住宅です。敷地周辺は日本では珍しいぐらいだだっ広く、ほぼ平坦で1キロ先まで見渡せます。部屋の中から見ると、畑が続いていてとてもきれいです。赤城おろしという強い風が吹くところです。

ミュージアムは一階に設けました。リビングも、ミュージアムを訪れた人から呼ばれるたびに降りていくのは大変だからと一階にあります。また、山の絵を描くのが好きということで、三階の高さに床がはほしいといわれて、結局、二階がほとんどないような建物ができてしまいました。周囲にフェンスを建てるようなロケーションでもないので、一階は閉鎖的につくってあります。二階より上の外壁はラーチ合板で、それに透明のFRP防水を全面に塗って仕上げています。

アルミの窓は型材からつくっています。特別な技術のノウハウをもった施工会社だったので可能になりました。日本で小さい仕事をする時には、既製品からさらに先のところで何ができるかを意識的に試みるようにしています。学校のような公共建築ではなかなかできませんが、住宅であれば可能です。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»