アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
古谷誠章 - カルロ・スカルパ考
ヴィラ・パラツェット
2018
2017
ß
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2005 東西アスファルト事業協同組合講演会

カルロ・スカルパ考

古谷誠章NOBUAKI FURUYA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
ヴィラ・パラツェット
パビリオンのベンチから見た眺望
パビリオンのベンチから見た眺望

晩年の作品、「ヴィラ・パラツェット」の建主であるアルド・ブジナーロという人は、スカルパのいわばパトロンでした。ここでスカルパはいろいろな実験をしています。すべて異なった要素が組み合わさっているにもかかわらず美しい調和をつくり出すための実験です。

玄関ポストのデザインも、スカルパが好んで使う床のモザイクも、ひとつひとつ違い、パターンもいろいろですが、全体としてひとつながりになって調和しています。スカルパが持っていた技巧的な面や精緻なディテールに注目することも大事ですが、それ以上に、まったく異質なものを組み合わせておきながら新しい調和を生み出すという精神も大切です。また、古いものを全部残すのではなくて不要だと思うものは捨てて、もう一度価値を見出すことができる部分だけを取り出し、それに自分の新しいものを組み合わせていくという理念は、とても現代的なものだと思います。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»