アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
板垣 元彬 - 和風の空間と手法
空間の連続性をつくり出す
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

和風の空間と手法

板垣 元彬MOTOYOSHI ITAGAKI


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
空間の連続性をつくり出す
北山山荘
北山山荘

十二畳の一の間と、八畳の二の間はそれぞれ別個に使用することもできますが、本来の姿は二の間は一の間の次の間です。但し、多人数の場合は二つの座敷を連続して使えるように、庭に面した開口部や天井のデザインは共通にして、同質の空間になるようにしてあります。一の間の床の間でも二枚の壁を立て、空間の重なりと明暗をつくり出しています。陰の空間の存在は気になるもので、全部見えないほうが面白いものです。これも玄関の前の土庇の腰壁と相通ずる試みです。

床の間の障子を開けると、一方は玄関に、他方は次の間を経て南側の縁座敷までつながります。実際には開け放つことはない障子ですが、空間の連続性を案じするために設けられたものです。東側の庭に対しては、一の間、二の間とも半入側と土庇を経て室内の空間が外部に展開します。和風の空間の典型的な姿です。この庭の景色も一の間を焦点として展開しています。一の間を取り巻く他の空間と同様に、この庭も一の間を装飾する空間の一つであると考えています。

北山山荘

数寄屋は庭園と密接な関係を求め、共存してきました。外部空間とコミュニケーションをする術を知っている建築です。庭園以外の外部空間との新しい関係もあり得ることと思います。

母家の屋根は、入母屋と方形の組合せです。やわらかい感じを出すために、少しむくりをつけています。入母屋の妻は軽快な感じにするため、垂木仕舞いにしています。このあたりの納まりは、昔からいろいろな方法があろますが、今回はこのような手法を採用しています。もう少ししっかりした形したければ破風板をつけますし、逆にもっと軽快にしたければ、茶室の屋根によく見られる木舞けらばという手もあるわけです。

北山山荘

次に茶室ですが、この茶室は母家と主庭を挟んだ位置にあります。不特定多数の人が利用することを考えて、オーソドックスな四畳半台目の積になっています。また、材料の取り合わせもごく一般的なものといってもよいと思います。茶室の土庇から母家を見返すと、建築と庭園の関係がよくわかるはずです。お互いに庭の中の点景としての役割を果たしているのです。こういう風情は、和風とか数寄屋のとっては捨てがたいものです。もちろん意図的にこのような情景をつくり出しているわけですが、さきほども申し上げましたように、ついつい庭に頼りすぎているような気もするのです。

茶室の土庇の奥には、壁を一枚つくり、土庇の空間がそのまま裏へ抜けるのを防いでいます。しかし、完全に遮断しては数寄屋になりません。壁の上部は吹き放ちとし、目通りには小さな下地窓を切って、空間の連続性を表現しています。矛盾しているようですが、空間を仕切りながら、一方では連続性を表現しようとするのも、数寄屋の特徴の一つなのです。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»