アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
槇 文彦 - 近作を語る
セントルイス・ワシントン大学 サム・フォックス視覚芸術学部 [1]
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2008 東西アスファルト事業協同組合講演会

近作を語る - 建築のグローバリゼーションの中で考えること

槇 文彦FUMIHIKO MAKI


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
セントルイス・ワシントン大学 サム・フォックス視覚芸術学部 [1]
ワシントン大学に勤めていた頃の槇氏(中央)
ワシントン大学に勤めていた頃の槇氏(中央)

私は1956年からセントルイスのワシントン大学に勤めていたのですが、たまたま「豊田講堂」と同じ1960年に「ワシントン大学 スタインバーグ・ホテル」が完成しました。この作品は、私がアメリカで最初に手掛けた仕事でした。設計も1958年くらいから始めていました。

この写真はワシントン大学で教えていた頃のものです。と言っても私自身も30歳前で、GIビルの学生とあまり年は変わらなかったと思います。

ワシントン大学の東側にはセントルイスのスカイラインがフォレストパークを越えて見られ、そこにエーロ・サー リネンの「ジェファーソン・メモリアル・アーチ(ゲートウェイ・アーチ)」(1964年)も見えます。

「サム・フォックス視覚芸術学部」全景。右に三つ並んだ既存建物のうち中央の棟が、槇氏が手掛けた「スタインバーグ・ホール」(1960年)
「サム・フォックス視覚芸術学部」全景。右に三つ並んだ既存建物のうち中央の棟が、槇氏が手掛けた「スタインバーグ・ホール」(1960年)

そしてさらに偶然なんですが、1996年にワシントン大学からお話がありまして、これも「セントルイス・ワシントン大学 サム・フォックス視覚芸術学部」の拡張というかたちで「ミルドレッド・レーン・ケンパー・アートミュージアム」と「アール・E アンド マートル・E ・ウォーカー・ホール」が、2006年という「豊田講堂」改修とほぼ同じ時期に完成しました。この二棟を建てるのには10年かかりました。「サム・フォックス視覚芸術学部」には私が手掛けた「スタインバーグ・ホール」の他に、私が教えていた建築学科の「ギブンス・ホール」(1931年)、それから「ビクスビー・ホール」(1926年)というのがあるんですが、そうした既存の建築群の横に、手狭になった図書機能とギャラリー機能を移すための新しいコンプレックスをつくる、というのが目的でした。

これら既存の建築群がすべてライムストーンの組積造の建物だったので、今回の「ケンパー・アートミュージアム」と「ウォーカー・ホール」も同じライムストーンを外装に用いました。普通ライムストーンというのは、I・Mペイをはじめとして皆、でいるだけ大きいユニットで使おうとします。しかしライムストーンは自然の石ですから、そうするとどうしても色のばらつきが多くなります。そこで今回われわれは、750ミリ×200ミリ(30インチ×8インチ)という、煉瓦より少し大きい単位にプレキャストしたライムストーンを積みました。こうすることで、通常の大きなライムストーンを使うと色違いが目立つのに対して、できるだけ同じ色のもの同士を合わせて積んでいくことができ、同時にかなりシャーップにさまざまな開口との取り合いもできるし、また小さくユニット化することによって煉瓦のような暖かいテクスチュアをつくることができました。またライムストーンの後ろには鉄骨の構造とコンクリートブロックがありますが、200ミリという単位はこのコンクリートブロックのモジュールと大体同じ高さになっています。そこからアングルを出して、組積造と同じようにライムストーンを積んでいきました。ライムストーンの小さいユニットがコンクリートブロックのモジュールに合っていることで、こういうこともできたわけです。

2階アクソノメトリック
2階アクソノメトリック
1階アクソノメトリック
1階アクソノメトリック
G階アクソノメトリック
G階アクソノメトリック

しかしライムストーンは吸湿性がかなり高いので、地面に接触するベースには向きません。そのため古い建物だとベースの石には花崗岩を使うんですが、この場合はちょっと合わないので、テキサスでつくったプレキャスト・コンクリートを使いました。ライムストーンとマッチするように、骨材はできるだけ白い花崗岩を選び、砂もベージュ色のものを選んでPC加工しました。ですから比較的全体が煉瓦づくりに近いテクスチュアがあって、もう少し暖かみのある建物になったと思います。

現在、アメリカの建設産業はたいへん質が低下していますが、少なくとも石や煉瓦の組積造、そして塗装の伝統には素晴らしいものがあり、今回の方法はうまくいきました。その国の持っている伝統や技術を、われわれがどういう風に生かし、新しいかたちをつくっていくのかはひとつの課題です。

もうひとつの課題は、現在特にアメリカで強くなっているユニオンの問題です。ユニオンは自分の職種を守ろうとして、違うユニオン同士が一緒に作業をすることを非常に嫌がります。そこで建築家は、安易に彼らが職種別にできるようなディテールをつくります。しかしたとえば、今言ったプレキャスト・コンクリートをつくるというのはひとつの職種です。それからライムストーンを積むのもひとつの職種、それからサッシュをつくるのもひとつの職種です。これらの職種がどういう風にコーディネートされるかということを考えないと、やはりわれわれの意図したディテールはできないわけです。アメリカの施工業者はこうしたコーディネーションの経験を持っていないことが多いので、やはり日本と比べるとそういった点でたいへんな労力がかかります。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»