アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
槇 文彦 - 近作を語る
イズマイリ・イママット記念館 [1]
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2008 東西アスファルト事業協同組合講演会

近作を語る - 建築のグローバリゼーションの中で考えること

槇 文彦FUMIHIKO MAKI


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
イズマイリ・イママット記念館 [1]
「イズマイリ・イママット記念館」外観
「イズマイリ・イママット記念館」外観

六年半ほどオタワでアガ・カーン・ファンデーションの「イズマイリ・イママット記念館」の仕事をしてきました。仏教にたくさんの宗派があるのと同じように、イスラム教にもイズマイリ派というひとつの宗派があり、アガ・カーンはその指導者です。アガ・カーンは平和のための文化活動に非常に関心を持っていて、ファンデーションや病院をつくったりと、中近東を中心に活動しています。イズマイリ派は元もとインドおよびアフガニスタンから出てきていて、現在信者は約1400万人くらいです。イズマイリ派はカナダとは非常に緊密な関係にあるので、アガ・カーンの要求は北米にあるファンデーションのヘッド・クォーターズを全部ここに集約して、また彼自身も年に何回かカナダに来ているので、自分の住居と大きなアセンブリー ・ホール(集会所)をつくりたいということでした。

配置
配置

「イズマイリ・イママット記念館」はサセックス通りに面する敷地に計画されていて、この道路にはオタワ河に沿って外務省、サウジアラビア大使館、日本大使館、アメリカ大使館、市民ホールというように、重要な施設が連なっています。こうした環境の下、アガ・カーンの希望もあって外側はモダンでありながら、中はイスラミツクな雰囲気がよいのではないかということになりました。

正面玄関を入るとエントランス、アトリウムとあり、その後ろにはイスラミツクなガーデンがあります。また外からは見えませんがカンファレンス・ルーム、ファンデーションのオフィス、ライブラリーなどいろいろなものが全体を形づくっています。

南北断面
南北断面
東西断面
東西断面

2階平面
2階平面
1階平面
1階平面

この建物は、おそらく世界で最初だと思うんですが、滋賀県の米原に工場がある日本電気硝子の「ネオパリエ」を全面的に使っています。ネオパリエは色のコントロールができるという特徴があり、また非常にハードなので、冬の厳しい気候に対してもよいだろうということです。そういう中でわれわれは、すべて日本で図面にしたがって加工して現地へ持っていって、施工は日本電気硝子の人が監督するというかたちで、カナダの業者がやりました。

アトリウムは、アガ・カーン自身がロック・クリスタル(水晶)を集めているという趣味もあり、それの持っている反射する光、あるいは形を表現してほしいという要望を反映しています。しかしこれも、それぞれのファブリケーターは皆優秀なんですが、結局それをコーディネートするゼネコンが十分な能力を持っていないということで、だいぶ苦労しました。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»