アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
山本理顕 - 「地域社会圏」という考え方
道に面したゲス卜ルーム
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2009 東西アスファルト事業協同組合講演会

「地域社会圏」という考え方

山本理顕RIKEN YAMAMOTO


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
道に面したゲス卜ルーム
ナカガオン・ナクサの通り。
ナカガオン・ナクサの通り。

ぺトレス(スペイン)は周辺にオリーブ畑やぶどう畑のある、農業共同体そのままの集落です。ぺトレスの住宅は、先ほどのガルダイヤと違いかなりオープンです。道から入った所にリビングのようなゲストルームがあり、集落の住人なら誰でも入つてきます。ぺトレスの住宅も集落という「大きな共同体」の中の「小さな共同体」であるようにつくられています。

ナカガオン・ナクサ(ネパール)の住宅でも客人の部屋が道路のすぐ近くにあり、集落の住人たちが集まってくつろいでいます。集落全体がひとつの「大きな共同体」であるようにできていて、同時に住宅がその中の「小さな共同体」になっています。集落の風景を見るとそういった住空間がどのようになつているのかがよく分かります。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»