アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
山本理顕 - 「地域社会圏」という考え方
合同家族の住宅
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2009 東西アスファルト事業協同組合講演会

「地域社会圏」という考え方

山本理顕RIKEN YAMAMOTO


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
合同家族の住宅
トギの住宅。
トギの住宅。

トギ(インド)での調査は少したいへんでした。たくさんの建物が集まっている中で、どこまでがひとつの住宅なのかがまったく分からなかったのです。実はこのたくさんの建物全体がひとつの住宅でした。

インドという国はおもしろい所で、その家族形態は合同家族と呼ばれています。合同家族の住宅の特徴は拡大→拡散のプロセスです。子どもたちが奥さんをもらうと、寝室や台所となる建物を次々に増築していき、親子兄弟全体でひとつの大家族として住むのです。そして父親が死ぬと、子どもたちは父親の財産を分け、分かれてしまいます。つまりトギの合同家族の住宅は時間が経つにつれて拡大したり縮小したりするので、ひとつの集落の中に大きな建物や小さな建物が混在しているのです。大きな住宅には兄弟が住んでいる場所や、奥さんの場所、二番目の奥さんの場所などが集まり、全体でひとつの共同体を形成しています。そうした共同体の集合がひとつの集落になつているわけです。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»