アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
長谷川 逸子 - コミュニケーションが開く建築シーン
ブリッジやスロープでつなぐシークエンス
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

コミュニケーションが開く建築シーン

長谷川 逸子ITSUKO HASEGAWA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
ブリッジやスロープでつなぐシークエンス
すみだ生涯学習センター
すみだ生涯学習センター
大島町絵本館
大島町絵本館

「すみだ生涯学習センター」では、企画書を読んだときに、必要な機能がひとつづつばらばらに独立しているプログラムに気づき非常に不自然さを感じました。市民の側にある日常生活のなかで横断的に必要なものがタテ割りの雑居ビルのように扱われてしまうことに対して、もう一度自分が使う立場に立って組立て直してみました。すべてのものが交差して複合的にありたいと、集合施設、メディア工房、学習センターという三つの機能をもつブロックの中に八つのブリッジを架けることになり、そして一体化を図るパンチングメタルのまん幕が導入されました。

「大島町絵本館」ではこどもたちが絵本を見るようにシークエンスが展開していく感じで、スロープをテーマにしています。ゆっくりと歩いてたどり着くようなイメージです。身体の弱い人たちと元気な人たちがいっしょにアプローチしていけるように、建物の中にスロープを周回させたのです。私は身障者がエレベーターに乗って行き着けばいいということが嫌いなんです。いろんな人がいっしょに生きていくために建築はどうあるべきかいつも考えています。つまり、みんなが共生する社会というイメージをテーマで考え出したのがブリッジやスロープなのです。しかしときにはこうしたものを装飾のように捉える人もいます。私はもっと積極的なファンクションをもった装置としてブリッジやスロープをつくっているのです。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»