アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

トップ
私の建築手法
槇 文彦 - 豊かな空間構成を目指して
深圳海上世界文化芸術中心
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2019 東西アスファルト事業協同組合講演会

豊かな空間構成を目指して

槇 文彦FUMIHIKO MAKI


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
深圳海上世界文化芸術中心
「深圳海上世界文化芸術中心」外観

外観

中国の深圳市に「深圳海上世界文化芸術中心(2017年)」という芸術の複合施設をつくりました。深圳市は、20年ほど前まで漁村でしたが、特区に指定され、今は人口千数百万の街になっています。敷地は深圳市西端の蛇口半島に位置する「海上世界エリア」で非常に眺望に恵まれており、湾の向こう側には香港が見えます。建物全体がひとつの丘のようになっていて、人びとは自由に上がってさまざまな風景を楽しむことができます。オープニングの日には7000人もの人が来ました。ここでは常に音楽が奏でられていて、人は座ってそれを見ています。エントランスの前にもちょっとした彫刻ガーデンがあって、ここでは静かに人が座っています。中には、ギャラリー、図書館、子どものギャラリー、レストランなどさまざまな空間があります。

「深圳海上世界文化芸術中心」セントラルプラザ

セントラルプラザ

「深圳海上世界文化芸術中心」北西側俯瞰

北西側俯瞰

「深圳海上世界文化芸術中心」断面詳細

断面詳細

「深圳海上世界文化芸術中心」4階平面

4階平面

「深圳海上世界文化芸術中心」3階平面

3階平面

「深圳海上世界文化芸術中心」2階平面

2階平面

「深圳海上世界文化芸術中心」1階平面

1階平面


«前のページへ最初のページへ次のページへ»