アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
坂 茂 - 作品づくりと社会貢献の両立をめざして
韓国驪州のクラブハウス
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2012 東西アスファルト事業協同組合講演会

作品づくりと社会貢献の両立をめざして

坂 茂SHIGERU BAN


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
韓国驪州のクラブハウス
設計初期段階のユニット形状
設計初期段階のユニット形状。
ゴシック建築の石造連続尖塔アーチ
ゴシック建築の石造連続尖塔アーチ。

「ポンピドー・センター・メス」の設計をしている時に、韓国のゴルフ場「韓国驪州のクラブハウス(2010年)」の設計を依頼されました。僕はゴルブをやらないのでクラブハウスにも行ったことがなく、どういう機能が入っているかも分かりませんでした。まったくアイデアがなくて弱りましたが、子どもの頃よく父親に打ちっぱなしの練習場に連れていかれたことを思い出し、ボールを載せるティーをモチーフにしようと考えました。今はもう使われていないようですが、当時は木製で、キノコや木のような形のティーでした。

「木で木をつくろう」という非常に単純なアイデアで、「ポンピドー・センター・メス」と同じ六角形のパターンに木を編むことにしたのですが、こちらは吊り構造ではなくて圧縮構造のコンプレッションアーチ[注7]としました。あえて同じ面に木を持ってきて、ほぞを彫った部材同士を噛み合わせ、鉄のジョイントを使わずに継手をつくることで単純なアーチの屋根ユニットをつくりました。

ゴシック建築は、石でコンプレッションアーチを構成していて、よく見ると柱もいくつもの梁を束ねることでつくられています。ひとつひとつバラバラな石を積み上げているので、もちろん力は連続して流れますが、構造材が繋がっているわけではないのです。エジプトの石柱はパピルスの木を束ねてつくる型が原型だったので、中世以降の石の建築にもその手法が残っているのです。このゴルフクラプの建物ではまさにその原型通り、天井面を構成する一本一本の木の梁を柱として束ねています。


「韓国驪州のクラブハウス」夕暮れ時の北東側外観
「韓国驪州のクラブハウス」夕暮れ時の北東側外観。
左手にエントランスホ一ル、右手にラウンジを見る
左手にエントランスホ一ル、右手にラウンジを見る。

クレ一ンで吊り上げられた屋根ユニット
クレ一ンで吊り上げられた屋根ユニット。
組み上げられた架構
組み上げられた架構。

「韓国驪州のクラブハウス」1階平面 縮尺1/600
「韓国驪州のクラブハウス」1階平面 縮尺1/600
断面詳細 縮尺1/300
断面詳細 縮尺1/300

[注7] ひとつひとつの材料が圧縮力によって成り立つ構造。単に「アーチ」とも言う。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»