アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
坂 茂 - 作品づくりと社会貢献の両立をめざして
紙のギャラリー/紙の家
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2012 東西アスファルト事業協同組合講演会

作品づくりと社会貢献の両立をめざして

坂 茂SHIGERU BAN


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
紙のギャラリー/紙の家
「紙の家」内観
「紙の家」内観。

なんとか紙管を主体構造にした建築をつくりたいと考えていましたが、頼んでくれる施主がいるわけではないので、自分で小さな別荘の設計をして、松井先生にお願いして構造計算や実験をしていただき、一年がかりで建築センターから認定を取りました。しかし、せっかく認定を取ったもののお金がなくて結局その別荘は建てられませんでした。そんな時、三宅一生さんから小さなギャラリーの設計の依頼を受け、初めて紙管を使ったパーマネントな建築「紙のギャラリー(1994年)」が実現しました。紙管の柱の影が床に落ち、その影が時間を追って動いていく。あるいは紙管の間から光が入り、その光が刻々と変化していく。そんな建築です。そのうち白分の別荘「紙の家(1995年)」を実現することができたのですが、忙しくなってしまって別荘に行く時間がまったくないものですから、使われないままになっています。


「紙のギャラリ一」内観
「紙のギャラリ一」内観。紙管の影が落ちる。
裏側の通路には紙管の間から光が入り込む
裏側の通路には紙管の間から光が入り込む。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»